虫歯になった場合のインレーの選択肢

虫歯になった場合のインレーの選択肢は以前が銀歯が主流でしたが、最近は保険外ではありますが、白くする事も可能になっています。銀歯がきらっと光ると気になる人は少なくありません。また金属アレルギーの人は銀歯を入れる事によってアレルギーが出てしまう場合もあります。インレーは虫歯になった部分を削って型取りして作ります。

最近では院内でセレックを使ってセラミックやセラミックとプラスチックを配合したハイブリットなどのインレーを作る事が出来ます。虫歯治療して型取りを下後は通常技工所に出してインレーを作るので、時間がかかっていましたが、早い所では即日に作ってくれてあわせる事が可能な歯医者も出てきています。虫歯治療をしていると、治療回数がかかってしまって、忙しくなって途中になってしまうという事が少なくありません。

そんな虫歯治療のデメリットを少しでも解消する事が出来ます。また銀歯が入っていて気になってしまう人は詰め替える事が可能なので、虫歯治療の時だけではなく気になった時に治療する事もできます。虫歯治療で噛む面だけであれば通常はレジンと呼ばれる材質のもので詰めて光で固める事が出来るのでこの場合保険が適応する事が出来ます。

虫歯治療も早めに行なってあげると小さなもので削る量も少ないですし、治療回数も減らす事ができますし、保険の中で白くする治療が出来るので金額面でもかなり安く済ます事が出来ます。
自分で初期の虫歯を発見する事は痛みも無いのでとても難しいですが、日ごろから定期健診に通っていると初期虫歯の時に発見する事が出来るのでおすすめになっています。

口腔内の状態も定期健診のメインテナンスでクリーニングをしたり、汚れが残りやすく、自分で苦手な所は歯科衛生士が教えてくれます。歯ブラシを持ってきてブラッシング指導をしてくれる所もあるので磨き方のコツを掴む事が出来ると自宅で良い状態を保つ事が出来るので綺麗な歯を保つには歯科検診が大切になってきます。

虫歯の治療にも支障が出る顎関節症

原因不明の肩や首のコリや頭痛に悩まされている方は顎関節症の可能性があります。

外部リンク⇒顎関節症

顎の関節の病気でストレスで歯を食いしばったり、噛み合わせが悪く食べ物を噛む時に顎の関節に負担をかけたり、虫歯予防のための歯磨きの際に、大きな口を開けながら強い力でブラッシングしたり、虫歯の痛みで片方の歯でばかり食べていたり、寝ている間の歯ぎしりなど様々な原因が考えられる病気で、顎の関節や筋肉の緊張やダメージを受け発症する事の多い病気です。
ilm09_ad27003-s
最近は子供の虫歯率は減ってきていますが、学校生活や柔らかい食べ物ばかり食べさせられている子供に多く、顎関節症の患者が増えております。柔らかい食べ物しか食べないと顎の筋肉に成長や発達が遅れてしまうためご両親は気をつけなければいけません。
顎関節症は早期にはなかなか気づかない人も多い病気で虫歯の治療中などに指摘される事があります。

早期の症状は顎の関節からコキコキなどの異音がするなどですが、悪化してしまうと口が開かなくなったり、顎の関節が酷く痛む場合もありますし、食べ物を食べる時に顎をかばいながら食べるため、肩や首のこり、頭痛や吐き気などの日常生活に支障をきたす場合もあるため気づいたら早めに診察してもらう事が重要となります。顎関節症は通常の虫歯を治療する歯医者さんではなく、歯並びが原因の場合もあるため矯正歯科や口腔外科などの歯科に行って診察してもらう事が安心です。

口が開かなくなってしまうと虫歯の治療だけではなく、食べ物を噛む力も弱くなり日常生活に様々な問題を引き起こしますので早めに早急な治療が必要です。歯並びの原因の方は矯正治療が必要となります。子供だけではなく大人でも矯正治療は可能で、保険外の治療となりますが虫歯予防や歯周病予防にもなり、老後も自分の歯で暮らせる可能性も高くなります。現在は昔のように目立つ金属ではなく、矯正中の虫歯の心配も少ない取り外し可能な矯正器具もあるため医師に相談してください。

赤ちゃんが虫歯にならないように気を付ける

赤ちゃんも成長してくることによって、どんどん歯が生えてくるようになります。
歯が生えそろってくることで、物を上手に噛んで食べることが出来るようにもなりますので、歯の成長というのはとても大事なものになると言えます。ですので健康な歯に成長させていくためにも、赤ちゃんが虫歯にならないように気を付けてあげるようにしましょう。
ilm16_ad04024-s
それではなぜ赤ちゃんが虫歯になってしまうのでしょうか。その原因として考えられているのが、親が原因で虫歯になってしまうことがあるとされています。なぜかというと、虫歯というのは細菌による感染症でもあるからなのです。例えば赤ちゃんの食事を与える時に、親が使った箸などを使って食事を与えることがあるでしょう。この時に、親が口を付けた箸に菌が付いていることが原因で虫歯になってしまうことがあるのです。

特に気を付けたい時期としては、一歳半から二歳くらいにかけての時期です。
出来るだけ菌に感染させないようにしたいところではありますが、少しでも菌に感染してしまう時期を遅らせることが出来れば、その分虫歯になりにくくなると言われているのです。
ですので、特に小さなころというのは気を付けるようにしなくてはなりません。
しかし気を付けていたというのにもしも虫歯になってしまったのであれば、乳歯というのは永久歯に比べると虫歯の進行が早くなっています。

ですのでもしも虫歯に気付いたのであれば、すぐに歯医者に行くようにしなくてはなりません。
虫歯を放置していたとしても、いずれは生え変わるのだから問題ないという風に考えてはならないのです。もしも歯が痛くなると、噛み合わせがおかしくなるようなことがあります。
そうなってしまうと、発音に影響してきたり、容姿に影響してきたりすることもありますので深刻な問題になってきます。ですので、赤ちゃんの頃からきちんと親が毎日口腔内のケアをしてあげるように気を付けておくようにしなくてはなりません。

初期の虫歯は自然治癒で治る

近年では多種多様な病気が存在しており、様々な症状が存在しています。
しかし症状の似ている病気がたくさん存在しますので、1つの症状から病気を特定する事は難しくなっています。また合併症を患っている方の場合、さらに病気の特定が難しくなります。
現代では健康ブームが到来しています。健康ブームの中でも特に注目を集めている話題が存在します。それは病気に関する特集です。

病気に関する特集は多くの人に注目されています。最近では誰もが患う可能性のある病気の症状や予防方法を取り上げたテレビ番組や雑誌の特集が注目を集めています。また特に病気の中でも注目を集めている病気は歯に関する病気です。歯に関する病気は様々な健康被害を及ぼす原因になっています。また歯の病気は合併症を患う可能性が高く、歯の病気は身体全体の病気に関係しているのです。

特に歯の病気の中でも虫歯を患っている方が増えており、深刻な問題になっています。
虫歯は子どもからお年寄りまで幅広い患者さんが存在しています。特に子どもの虫歯を患っている患者さんは年々増加傾向にあり、子ども向けの虫歯対策が叫ばれています。虫歯は歯が虫歯菌に感染する事で発症する病気です。

虫歯を発症すると歯が細菌に蝕まれてしまい、様々な症状が現れます。迅速な治療が必要とされている虫歯ですが、初期のホワイトスポットと呼ばれる状態であれば自然治癒で完治する事が可能です。自然治癒と言ってもそのまま放置しておく訳ではありません。日常的な歯のケアが必要になります。しかし少しでも病状が悪化している虫歯の場合は自然治癒だけではどうする事もできません。病状が進んでいる虫歯の場合は迅速な治療が必要になります。

歯に関する病気は他にも存在します。また歯の病気の中でも問題視されているのが歯周病です。
歯周病もまた様々な合併症を引き起こす大変恐ろしい病気になります。歯の病気は日常的なケアだけで予防できる病気です。しかし歯に違和感を感じた場合は自然治癒を選ばずに速やかに歯医者に受診するようにしましょう。

虫歯菌を活性化させない効果的な虫歯予防

虫歯は虫歯菌の活動により、歯の表面のエナメル質がとかされることで発生します。虫歯菌はプラークと呼ばれる物質になって、歯の表面に付着しています。これに糖分などのエネルギー分が補給されることで虫歯菌が活性化し、酸を発生させて虫歯を引き起こします。
この活動を防ぎ、虫歯予防を行うためには、口の中に残留するプラークを除去することが最も効果的です。プラークを除去するのに最適なのは歯磨きです。歯磨きにはなるべく時間をかけ、丁寧にブラッシングをすることで、プラークを大幅に除去することが可能です。
ilm19_ca06020-s
しかし、ブラシが届きにくい場所などもあるため、様々な角度から念入りにブラッシングをしたり、小さめの歯ブラシを使うなどの工夫をすることが重要となります。また、歯の間などにもプラークは溜まり安く、こういったブラシの毛先が上手く入らない部分には、歯間ブラシ等を使用することでプラークを効率的に除去することができます。

口の中は、唾液によって弱酸性に保たれており、その状態では虫歯が発生することはありません。しかし、食事の後など、虫歯菌に栄養が補給された状態になると、虫歯菌が活性化し、口の中の酸性が強くなります。この状態になると、歯のエナメル質を溶かすこととなり、虫歯が発生しやすい状態となります。虫歯予防を行うためには、この酸性の状態を改善する必要があります。

通常ならば唾液の分泌によって、弱酸性の状態まで自然に回復しますが、それにはある程度の時間が必要となります。食事の後に間食などをして、唾液による中和の時間が足りなくなると、口の中の酸性値を下げることができずに虫歯の原因となります。また、就寝時にも唾液の分泌量が減少するため、口の中が酸性になりやすくなります。したがって、寝る前の食事や夜食などを控えることが虫歯予防には効果的です。
また、酸性を中和する作用のあるアルカリ性の食物や飲料などを摂ることで、口の中の酸性値を下げる方法も虫歯予防に効果的です。

虫歯菌に感染しないと虫歯にならない

現代では多種多様な病気が存在し、またそれぞれに様々な症状が存在しています。
それらの病気の症状は軽度のものから重度のものまで様々で、似たような症状であるものもたくさん存在します。その為1つの症状から病気を特定する事ができません。特に高熱や炎症などの症状はほとんどの病気にみられる症状で、大変診察が難しくなっています。
ilm19_ca06094-s
最近では健康ブームが到来しており、特に病気に関する話題は数多くの人が注目しています。
またそれらの病気の情報はテレビ番組や雑誌で頻繁に特集されています。
病気の中でも特に注目されている病気が存在します。それは歯に関する病気です。
特に虫歯は大変恐ろしい病気の1つで、多くの人が患っている病気です。

虫歯を患っている患者さんは子どもからお年寄りまで幅広い年齢の方にみられ、誰もが患ってしまう危険性のある病気でもあります。虫歯は初期の場合であれば自然治癒や日々のケアのみで治す事が可能です。しかしそれらの初期の虫歯はホワイトスポットと呼ばれる状態のもので、さらに状態が悪化しているものは自然治癒や日常のケアではどうする事もできません。病状が進んでいる虫歯は放っておいても治す事ができません。しかし多くの方が治療もせずに放置しています。

虫歯の原因は歯の細菌感染によるもので、虫歯菌を所持していない方は虫歯になりません。
虫歯を発症している多くの方が虫歯を患っている方とキスや食べ物の共有などの直接的、または間接的な唾液の接触が原因になっています。虫歯は他人に移る病気なのです。虫歯菌を所持しない為にも食べ物の共有や飲み物の共有、歯ブラシの共有などは避けた方が無難です。

また子どものいる家庭では安易に子どもに口移しで食べ物を与えないようにしましょう。キスなども虫歯菌に感染する大きな要因になります。虫歯菌に感染しない事が一番の予防方法になるのです。また虫歯菌を所持してしまっても日々のケアによって発症を予防する事が可能です。

虫歯を放置すると頭痛を引き起こす

虫歯と頭痛は一見関係が無いように思われますが虫歯を放置していると頭痛を引き起こす可能性があり、歯を治療をせずに放置していると周辺の組織に悪い影響を与えたり歯の噛み合わせが悪くなり頭痛を引き起こす要因を作り出します。また虫歯を放置していると顎関節症や脳静脈血栓症などの症状を引き起こし場合によっては命に関わる危険性がありますので早急に専門的な検査や治療を行う事が必用となります。

ilm19_ca01009-sまた食事をする時に悪くなっている虫歯の反対側で食べ物を噛もうとしますので徐々に身体のバランスに影響を与え姿勢の悪化に繋がってしまい、身体のバランスが崩れていくと首のハリや肩こりなどが発生し緊張性頭痛と言われる症状が出ますので虫歯から体にとてても悪い症状を引き起こせますので注意が必要です。顎関節症は片側だけで咀嚼する方や噛み合わせが悪い状態での顎の活動が原因となっており、虫歯がある方は特に虫歯の無い側で咀嚼をする偏咀嚼をすることが多く、噛み合せも悪くなっていきますので顎関節症を引き起こします。

顎に痛みを感じたり顎を動かすと音がする、大きく口を開けることができない、しっかりと口を閉じることができないなどの症状が出ている方は顎関節症の可能性が高いので口腔外科のある病院で診察を受けることが必用です。その他虫歯を放置して一番怖い病気は脳静脈血栓症で虫歯を長い間放置していると歯に穴があき血管までつながるのですが、この状態になると虫歯菌が血液中に入っていき身体の血液の循環と共に脳の静脈に到達し、それが原因となり脳内の静脈が炎症を起こしその場所に血栓ができてしまう可能性があります。

脳静脈血栓症から引き起こされる頭痛は普通の場合とは違い針で刺されたようなとても強い痛みが起きます。場合によっては命に関わる大きな問題に発展する可能性がありますので専門的な診察をしてもらいその原因を調べ適切な対処をすることが必要となりますので軽視することはできません。

虫歯治療はお早めに

現代には数多くの病気が存在し、またそれぞれに様々な症状が存在しています。
また症状の種類は軽度のものから重度のものまで様々で似ている症状のものも多く存在しています。その為1つの症状から病気を特定する事は大変難しくなっています。また合併症などを伴っているとさらに特定が困難になります。近年は健康ブームが到来しており、様々な健康に関する情報が存在しています。

ilm03_bd02007-s

特に病気に関する情報は大変需要のある情報とされています。
テレビ番組や雑誌では数多くの病気に関する特集がおこなわれています。
それらの特集は大変注目されています。特に病気の中でも注目されている病気が存在します。
それは虫歯です。虫歯は歯が細菌感染によって蝕まれる病気で、重症化すると数々の合併症を患ってしまいます。初期の虫歯であれば治療をおこなわなくても日常の歯磨きなどのケアで治す事が可能です。

それらの初期の虫歯はホワイトスポットと呼ばれています。
しかし、虫歯がひどくなってくると自然治癒やケアだけではどうする事もできません。
近年では虫歯を患っている方が大変多くなってきています。特に子どもの虫歯を患っている数は大変多くなっており、深刻な問題になっています。虫歯の治療は早期におこなえば心配ありません。

治療が少しでも遅れると歯を抜いてしまわなければならない事態になってしまいます。
最近の虫歯治療は痛くないものが存在しています。様々な最先端の技術が利用されており日々医療技術は進化しています。また歯の病気は虫歯だけではありません。歯周病も大変重要視されている病気の1つです。歯周病を発症すると様々な合併症を患ってしまい、糖尿病などを発症、または悪化させてしまう原因になってしまいます。歯の病気は身体全体に及ぶ重大な病気が多いのです。

予防を心がけ、これらの歯の病気にならないように気をつける必要があります。
また歯のほとんどの治療は保険の対象とされています。

虫歯と扁桃腺の関係を考える

子どものうちから、正しい歯磨きの方法を身につけるようにしておかないと、成人になってから多くの問題に悩まされる可能性があります。特に目立っているのは、虫歯になってしまう人です。乳歯の時点であれば、抜いてしまえば済むのですが、永久歯になってからは、簡単に抜くわけにもいきません。適切な治療を行っていかなければならないのです。

しかし、虫歯の治療というのは、強い痛みを伴うものです。また、仕事などで忙しい日々が続いていると、なかなか病院に行く時間を確保することができないこともあります。虫歯は、治療を開始するのが遅れれば遅れるほど、症状が進行してしまい、治すことが難しくなっていくわけですから、虫歯にならないように気をつけることが大切なのです。

基本的には、食事をした直後に、しっかりと時間をかけて歯磨きをするようにしていれば、虫歯になることはほとんどありません。もちろん、ただ磨いていればよいわけではなく、隅々まで丁寧に磨くのです。

ただ、それでも虫歯になってしまうことはあります。なってしまったら、早い段階で歯科医院を受診して、適切な治療を受けなければなりません。放置してしまうと、より大きな疾患へとつながっていく危険もあるのです。たとえば、扁桃腺の状態が悪くなってきたりします。痛みがひどくなってきた時に、扁桃腺が腫れてきたりするのです。扁桃腺の腫れというのは、虫歯を治療することよりも厄介です。

外部リンク⇒扁桃腺

ilm19_ca01006-s初期の段階では、軽い痛みがあったり、冷たい水がしみたりする程度なので、我慢することができてしまいます。知覚過敏なのだろうと安易に考えて、放置してしまう人が多いのが現実です。しかし、虫歯かもしれないと感じるようになった段階で、きちんと検査を受けることが大切なのです。早期に治療を開始しておけば、扁桃腺などに影響を及ぼす可能性は低くなり、虫歯についても、治していくことは十分可能です。悪化する前に行動しなければならないのです。

虫歯は放置しないで早めに治療しよう

歯の治療は時間とお金がかかるために、虫歯が出来てもすぐに歯医者に行かずに放置してしまっている人は多いのではないでしょうか。
特に忙しい、現代人に取っては治療に時間がかかる歯医者に行くのはなかなか大変なものがあります。
しかし、だからと言ってそのまま放置をしていたら、更に大変なことになってしまいます。
虫歯は皆さんもご存知のように、風邪などの病気と違って自然に治るということはありません。
むしろ、自然に治らないどころか放って置くと虫歯はどんどんと進行してひどくなるばかりです。

ilm17_cb01002-s

虫歯は痛いのを我慢すれば、問題ないように思うかもしれませんが放置しておくと歯だけでは済まないことになることもあるのです。
虫歯が出来ると、歯はどんどんと溶けていき、穴があき欠けてしまったりします。
そして、その状態が続くとある日痛みが無くなり、痛みに苦しむことがなくなりますがもちろんこれは、歯が治ったわけではなく、
神経がダメになってしまっているのです。そのような状況にまで症状が進行すると、歯はほとんど原型をとどめないほどに溶けてしまっています。
痛みがなくなったからと、そのまま放置を続けると今度は虫歯の原因菌が顎の骨にまで到達して今度は顎の骨を溶かし始めることになってしまうのです。

ここまで症状が進行してしまうと、通常の歯の治療では済まなくなり、顎の骨を部分的に手術をすると言った大掛かりな治療が必要になることもあるのです。

更に虫歯を放って置くとこのような症状だけではなく、最悪死に至ることもあるのです。歯を溶かし、顎の骨にまで侵食した虫歯がそこで炎症を起こすことで、
その炎症部分から原因菌が血液に乗って体内を駆け巡ることがあります。それが心臓や脳に達し、顎だけでなく心臓や脳を炎症させることがあり、
その結果、後遺症が残ったり、最悪の場合死んでしまうこともあるのです。

このように虫歯は放置しておくと、重大な問題に発展してしまう恐れがあるので、たかが虫歯と放っておかずに早めに治療することにしましょう。